FAQ → 頭皮トラブルQ&A
頭皮に弾力がない
頭皮も他の皮膚と構造が変わりありませんので、代謝不足で弾力を失った頭皮は、皮膚の持つ保護作用が低下しており、酸やアルカリに侵されやすすくなっています。PFリアクターなどでマッサージがお勧めです。
パーマ・カラーやヘアケア商品の選択は慎重に。
頭皮が硬く、動かない
頭皮の成長がとまった後、まだ頭蓋骨が成長しますので、どうしても、頭皮が圧迫され毛細血管の血流が弱くなります。
頭皮・頭髪に血液からの栄養が届きにくなり、結果として脱毛症状がおきやすくなりまので適切なマッサージをし血行を良くしましょう。
髪が立ち上がらない
髪の毛を立ち上げているのは立毛筋ですので、その能力低下=皮膚機能の低下が起きています。
頭皮の状態を正常に戻すのはPFリアクターなどが効果的です。毛髪にハリ・コシを与えるスタイリング剤はインターコスメ ヒアロモイスト ガーデンジェリーがお勧めです。
髪が細く・ツヤがない
病中や脱毛症状の進行過程で多く見られますので、栄養不足や血行不良がまず考えられます。積極的に改善するPFリアクターなどでマッサージしてください。
頭皮に毛染めの色がつきやすくなかなか落ちない
頭皮機能が低下してくると、外部からの薬品などに侵されやすくなり、カラーなどの薬品を浸透・残留させやすくなります。又、ヘアマニュキュアのようなイオン吸着を利用した物質は傷んだ状態の頭皮・頭髪に付着しやすい性質を持っているため落ちにくくなります。
頭皮の状態を正常に戻すにはPFリアクターなどが効果的です。又、シャンプー等に含まれるシリコン剤は手触り・感触を良くするために含まれていたりしますが、頭髪だけでなく頭皮にも膜を張り皮膚呼吸を妨げる常在膜となって頭皮が褐色に変わってきます。このような場合一切シリコン・感触剤が入っていないハニエルシャンプーーでケアするのが最適です。
頭皮が日焼けして元に戻らない
若い正常な頭皮であれば、日焼けしてもすぐに回復します。ある程度の年齢でも頭皮状態がよければ同じように元に戻ります。
紫外線は皮膚の奥深くまで影響するため頭皮を傷め脱毛の原因につながりやすいので、注意してください。
ブリーチすると頭皮が非常にヒリヒリ痛む
ブリーチすると誰でも多少はヒリヒリ痛みますが、中には過剰の刺激を感じる人もいます。頭皮はある程度のアルカリや酸を元に戻そうとしますが、極度のアルカリや酸には犯されてしまいます。
極度の痛みを感じるのは、保護機能が低下している一種の危険信号です。
当店ではアルカリ剤をまったく使わない、和漢彩染(わかんさいせん)ヘアカラーも施術しています。
抜け毛が多い
血行不良・毛根の機能低下・ストレス・授乳期・病中病後・薬の副作用など、様々な原因があります。一つずつあてはまる項目を改善していき、マッサージと、毛根の機能回復に効果のあるPFリアクターなどの使用をお勧めします。
頭皮がカサカサする
乾燥が原因の場合、代謝機能の低下を招き、薬品によるかぶれなどを起こしやすい状態になっています。カラーやパーマ、使用しているシャンプー剤等にも注意が必要です。
保湿性シャンプーのイオニートシャンプーモイストがお勧めです。
シャンプーしてもフケが出る
病的にフケが多い場合は、皮膚科での治療が必要ですが、乾燥したパラパラとしたフケやねっとり皮脂を含んだフケは毎日のケアで対処できます。
対応ヘアケア商品はPFミストイオニートシャンプーです。
シャンプーしてもべたつく
毎日出てくる皮脂の分泌量だけでなく、分泌している皮脂の質が問題のケースが考えられます。シャンプー方法や、ヘアケア商品の選択で対処できる場合が多いです。 お勧めシャンプーはイオニートシャンプーライトハニエルシャンプーで、シャンプー後は、なるべく早く乾かしましょう。
シャンプーしてもすぐに痒くなる
頭皮の異常信号のひとつですので、内因性(アトピーなど)でなく外因性の乾燥や薬品かぶれのような原因が考えられます。乾燥によるものですと保湿効果のあるヘアケア商品で対処できます。
保湿性のあるシャンプーでお勧めはイオニートシャンプーモイストです。又余分なものを含まないクレンジングシャンプーとしても有効なハニエルシャンプーもお勧めです。
対処方法(全ての項目に対して、あてはまります)
  1. 規則正しい食生活をする(嗜好品をなるべく減らし、刺激物の摂取も避ける)
  2. 頭皮に合ったシャンプー剤を正しく使う。(ブランドや香り価格で選ばない)
  3. シャンプーは洗いよりすすぎに時間をかける
  4. トリートメントやコンディショナーなど地肌に付けて良い成分は頭皮の潤いにプラスになるが、ジメチコン等のシリコン剤(ツヤ感、手触り感アップのコーティング系)入りは毛穴を塞ぐので毛先の痛んだところにのみ付ける
  5. 入浴後血管が拡張しているときに頭皮をよくほぐす感じでマッサージ(過度な刺激は脱毛原因になります)
PAGE TOP